セットアップ

RaspberryPi公式ホームページからの専用OSWriterでOSを入れてみる

この前初期化して、NOOBSをダウンロードしようと思いRaspberryPiの公式ホームページに行ったら…なんか専用ライターというものがありました。いつ頃からあったんだろう・・・

ダウンロードする。

これをダウンロードしてみました。RaspberryPi公式サイト

リンクをクリックしてダウンロードし、インストールを終えるとこのような画面が表示されます。

「CHOOSE OS」でSDカードに書き込むOSを決めることができます。ここでSDカードをフォーマットすることもできるようです。実際にOSを書き込んでみましょう。

まずERASEを選択し、SDカードをフォーマットします。次にインストールしたいもののOSを選択します。今回はUbuntuを選んでみました。(デスクトップはまだ使えませんでしたが)

そして、WRITEをクリックすれば、書き込みを自動で行ってくれます。

すいか
すいか
いや〜簡単になったものだ

書き込みが終われば、あとはRaspberryPiにSDカードを挿して起動するだけで、OSが起動します。これでもっとOSのインストールが簡単になりました。

RaspberryPi

「あったらいいな」というものを実現してみましょう。「RaspberryPi」なら、つくれるかもしれません。RaspberryPiは超小型コンピューターですが、普通のコンピューターを大きく違う点は「電子工作」ということをして、普通のパソコンではできない、電子部品などを動かすことができるということです。「RaspberryPi」をつかって、やりたいことを実現してみましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です