デスクトップ

iMacのターゲットディスプレイモードを使えるようにする

現在あるMacBook Pro 2017のために外部ディスプレイを購入しようと色々探っているとiMacではターゲットディスプレイモードというiMacの画面を外部ディスプレイとして使用できる機能があるようなので、早速使用してみました。

使用したもの

今回使用したパソコンや線などはこちら PCは古い型なので中古しかないようです。


iMac late 2013 27inch

バージョン

 

PCOS
MacBook ProMac OS Monterey
iMacMac OS Catalina

 

使用法

MacBookProはType-Cのみの端子なので、iMacの端子にあるThunderBolt2に接続できるように変換アダプタを使用します。絵にするとこんな感じ

絵心がないせいでiMacが新型になっていますが今回使うiMacは2013年のものです。

繋げたらiMac側でcommandキーとF2を同時に押します。すると少しの間画面が暗転し、MacBookの画面が表示されます。

表示されない?そんな時は

ターゲットディスプレイモードは不安定なのか接続ができたりできなかったりする場合があります。接続できない場合はどちらも再起動してみたり、セーフモードで起動してみたりしましょう。

接続されているか確認する

接続されているか確認するにはツールバーのリンゴマークからこのMacについて→システムレポート…→ThunderBolt

ここに表示されていれば接続されています。

SMCのリセット

接続されないようならSMCをリセットしてみましょう。自分の場合はこれをしたら接続ができるようになりました。Appleの公式サイトに載っているのでここでは割愛します。

https://support.apple.com/ja-jp/HT201295

まとめ

Appleの公式ページにはターゲットディスプレイモードはHigh Sierraまでとなっていますが、自分の環境ではCatalinaでも実行できました。古めのiMacを持っている方はあまり期待せずにお試しください。

低評価高評価
(この記事を評価してください!)
読み込み中...
連絡

記事について何か疑問に思ったこと、うまく動かなくなっているところ、誤字脱字、感想などはコメント欄は廃止したのでTwitterのDMもしくは@blog_raspiでツイートしてください。できる限り見ると思います。(今のところ誰からも来ないから大丈夫)(誰かツイートしてーー(´;ω;`))

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。