サーバー

RaspberryPiで遠隔でカメラの映像を見る

最近、家からテレワークをする人が増えています。その時、ペットや子どもなどの様子が気になることがあるかもしれません。その時に、わざわざ見に行かなくても部屋にいながら様子を見ることができると便利ですよね。今回はそんな便利なものを作ってみたいと思います。

必要なもの

  • RaspberryPi
  • Webカメラ

パッケージをインストールする

それでは必要なパッケージをインストールしていきましょう。

~$ sudo apt-get update
~$ sudo apt-get install motion

インストールが終わったら、デフォルトである設定を変更します。

設定ファイルの変更

この操作を行わないと、RaspberryPi以外からみられなかったり、動画が保存されて、SDカードの空き容量を圧迫してしまいます。

~$ sudo nano /etc/motion/motion.conf

このように変更します。

11行目

demon off
から
demon on

 

79行目

# Image width (pixels). Valid range: Camera dependent, default: 320
width 320

# Image height (pixels). Valid range: Camera dependent, default: 240
height 240
から
width 640
height 480

 

235行目

output_pictures off
これはonにすると動体検知をします。動体検知とは動くと撮影を始めるものです。

268行目

ffmpeg_output_movies on
から
ffmpeg_output_movies off

455行目

stream_localhost on
から
stream_localhost off

 

495行目

webcontrol_localhost on
から
webcontrol_localhost off

 

そうして起動します。

~$ sudo motion

映像を見てみる

そして、他のRaspberryPiと同じネットワークに繋がっているデバイスのWebブラウザで、このようにアドレスバーに入力します。

http://raspbeeerypiのIPアドレス:8081/

前に書いたこの記事にRaspberryPiのIPアドレスを調べる方法が書いてあります。こちらをご覧ください。

すると、しっかりと画像を連続表示することができました。

~ $ sudo service motion stop

このコマンドで、Motionをストップすることができます。お疲れ様でした。

 

RaspberryPi

「あったらいいな」というものを実現してみましょう。「RaspberryPi」なら、つくれるかもしれません。RaspberryPiは超小型コンピューターですが、普通のコンピューターを大きく違う点は「電子工作」ということをして、普通のパソコンではできない、電子部品などを動かすことができるということです。「RaspberryPi」をつかって、やりたいことを実現してみましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です