サーバー

RaspberryPiでファイル共有サーバーを作ってみる

いつも使っているPCが、macとwindowsがあるのですが、データを交換するときに毎回USBメモリを使うのでとても不便です。そのため、ローカルネットワーク内で使用できるファイル共有サーバーがあればいいですよね。今回は、ファイル共有サーバーをRaspberryPiで作っていきたいと思います。

必要なパッケージのインストール

今回は、Sambaというパッケージを使います。aptコマンドでインストールします。

「apt」コマンドaptコマンドは、検索や管理、パッケージに関する情報を問い合わせるコマンドを 提供するコマンドラインインターフェイスです。apt-ge...
~$ sudo apt install samba samba-common-bin

インストールが終わったら、共有用のフォルダーを作ります。

~$ sudo mkdir /var/share_files

次にユーザーを作ります。

~$ sudo useradd shareuser

パスワードを作ります。

~$ sudo password shareuser

共有フォルダーの所有権を変更します。

~$ sudo chown shareuser:shareuser /var/share_files

ほかのPCから接続する用のパスワードを設定します。

~$ sudo pdbedit -a shareuser

フォルダの公開設定をします。

~$ sudo nano /etc/samba/smb.conf

これの一番下に次のように書き込みます。

[Share]
comment = Share files Folder
browseable = yes
path = /var/share_files
writable = yes
valid users = shareuser
force user = shareuser

終わったら、ctrl+Xで終了します。

リスタートします。

~$ sudo /etc/init.d/samba-ad-dc restart

これで完了です。

接続する

Windows10の場合

まずエクスプローラーを立ち上げ、ネットワークを選択します。

そのあと、RASPBERRYPIを開き、パスワードとユーザー名を入れます。

そうしたら、中のファイルを見ることができます。

ためしに、階層の写真を入れてみましょう。この時に使ったものです。

「cd」コマンドcdコマンドは、今いるディレクトリから移動するために使用します。 相対パスと絶対パス 相対パス 例えば、このように ...

つぎにmacです。

macの場合

 

Finderのメニューバーの移動の欄一番下のサーバーに接続をクリックし、smb://をつけて、IPアドレスかホスト名を使用します。IPアドレスの表示方法もしくはホスト名の設定は、こちらをご覧ください。

RaspberryPiでwebサーバーを作ってみる 今回は、RaspberryPiでwebサーバーを作ってみたいと思います。今回作るwebサーバーはルーターなどの設定を変えない限り、外部...

接続をクリックして、

設定したパスワードを入れ

Shareを選択し、OKをおすと・・・

先ほど入れたファイル階層の写真が出てきました。

お疲れ様でした。

RaspberryPi

「あったらいいな」というものを実現してみましょう。「RaspberryPi」なら、つくれるかもしれません。RaspberryPiは超小型コンピューターですが、普通のコンピューターを大きく違う点は「電子工作」ということをして、普通のパソコンではできない、電子部品などを動かすことができるということです。「RaspberryPi」をつかって、やりたいことを実現してみましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です