Linuxコマンドリファレンス

「ls」コマンド

lsコマンドは、今いるファイルの中身を確認するコマンドです。cdコマンドで、ファイルの場所を変更できます。

「cd」コマンドcdコマンドは、今いるディレクトリから移動するために使用します。 相対パスと絶対パス 相対パス 例えば、このように ...

基本の文

基本的にはこのようにターミナルに入力します。

~$ ls

lsと入力するだけです。こうすると、ファイルの中身を表示してくれます。

~$ ls
AAA.txt BBBB CCCC.sh

という感じにAAA.txtやBBBBやCCCC.shというファイルやディレクトリが表示されます。次にオプションです。

オプション

先ほどの

~$ ls

のあとにつけます。例えば、「.」から始まる要素(ファイルなど)も表示する-aオプションを追加するには

~$ ls -a

とします。lsの後にオプションをつければいいです。つまり、こんな感じ。

ls -オプション

使用できるオプションはこんな感じです。

オプション名 説明
-a 「.」から始まるファイルなどを表示する。
-b 表示不可能な文字の場合に C 形式のエスケープ文字を表示する
-d ディレクトリ自体を表示
-g ファイルなどの詳細を表示する。
-i 各ファイルのインデックス番号を出力する
-l ファイルなどの詳細を表示する。
-m ファイルなどを、カンマで区切り、一行で表示する。
-n -lに似ているが、数値のユーザーIDとグループIDをリストする。
-o -lに似ているが、グループ情報をリストしない。
-s ブロックごとにファイルサイズを表示する。
–version lsコマンドのバージョンを表示して終わる。
–help lsコマンドのヘルプを表示する。

ほかにもありますが、詳しくは

~$ ls --help

で確認してください。

 

 

RaspberryPi

「あったらいいな」というものを実現してみましょう。「RaspberryPi」なら、つくれるかもしれません。RaspberryPiは超小型コンピューターですが、普通のコンピューターを大きく違う点は「電子工作」ということをして、普通のパソコンではできない、電子部品などを動かすことができるということです。「RaspberryPi」をつかって、やりたいことを実現してみましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です