サーバー

RaspberryPiでスクリーンショットをとる

Windowsやmacには標準でスクリーンショットをとるショートカットがありますが、RaspberryPiにもパッケージをインストールすることによって、RaspberryPiでもスクリーンショットををとることができます。ほかの人にこれをやったなど見せるときに便利ですね。

パッケージのインストール

スクリーンショットの撮影にはパッケージをインストールします。

~$ sudo apt-get update
~$ sudo apt-get install scrot

これでスクリーンショットをとることができます。

スクリーンショットをとる

ではとってみましょう。ターミナルで次のコマンドを実行します。

~$ scrot -d 3

-dオプションは秒単位でタイマーを設定(この場合は3秒)です。

~$ scrot -d 5 -bu

こんどは-buオプションを追加しています。これは、5秒後に選択されているウィンドウだけを撮影します。実際にとってみるとこんな感じです。

/home/piに保存されます。

つけられるオプションはこんな感じです。

オプションオプションの説明
-hヘルプを出力して終了する。
-vScrotのバージョン情報
-a非対話的にx、y、w、hの長方形を選択
-bウィンドウを選択するとき、wm borderも取得する
-c
カウントダウンを表示する
-d number
number秒待つ。numberは数字に置き換えてください。
-u
現在選択されているウィンドウを撮影する

もう少しありますが、主要なのはこの辺でしょうか。確認したい場合は、scrot -help

を実行して確認してみてください。お疲れ様でした。

RaspberryPi

「あったらいいな」というものを実現してみましょう。「RaspberryPi」なら、つくれるかもしれません。RaspberryPiは超小型コンピューターですが、普通のコンピューターを大きく違う点は「電子工作」ということをして、普通のパソコンではできない、電子部品などを動かすことができるということです。「RaspberryPi」をつかって、やりたいことを実現してみましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です