サーバー

MacやWindowsからRaspberryPiにリモートデスクトップ接続する方法

MacやWindowsを使用しているときに、画面をRaspberryPiにいちいち入れ替えるのは面倒ですよね。今回は、家の中のネットワークからリモートデスクトップ接続をしていきます。

Macの場合

  • STEP1
    パッケージ
    tightvncserverインストールします。
  • STEP2
    有効化
    使用できるようにします。
  • STEP3
    接続
    Macから接続します。

Windowsの場合

  • STEP1
    パッケージ
    xrdpをインストールします。
  • STEP2
    有効化
    使用できるようにします。
  • STEP3
    接続
    windowsから接続します。

Macで使う

パッケージをインストール

RaspberryPiのターミナルで、次のコマンドを実行します。

~$ sudo apt install tightvncserver

aptについて詳しくはこちら

「apt」コマンドaptコマンドは、検索や管理、パッケージに関する情報を問い合わせるコマンドを 提供するコマンドラインインターフェイスです。apt-ge...

有効化する

次のコマンドで実行します。

~$ tightvncserver

そうしたら、接続します。

接続

MacでFinderを開き、メニューバーでサーバーに接続をクリックします。

そうしたら、このようにIPアドレスを入れます。

vnc://IPアドレス:5091

IPアドレスを知るにはこちらをご覧ください。

RaspberryPiでwebサーバーを作ってみる 今回は、RaspberryPiでwebサーバーを作ってみたいと思います。今回作るwebサーバーはルーターなどの設定を変えない限り、外部...

ユーザーのログインパスワードを入れます。これはRaspberryPiのユーザーのパスワードです。初期パスワードの場合はraspberry

するとこのように表示され接続することができます。

Windowsで使う

WIndowsで使う場合には別のパッケージを使用します。

このコマンドでインストールします。

~$sudo apt install xrdp

有効化

~$ sudo systemctl start xrdp.service

接続

リモートデスクトップを立ち上げ(windows標準で入っています。)

IPアドレスを入れ、接続をします。

ユーザー名とパスワード(RaspberryPiのもの)を入れてOKを押すと

接続することができました!!

RaspberryPi

「あったらいいな」というものを実現してみましょう。「RaspberryPi」なら、つくれるかもしれません。RaspberryPiは超小型コンピューターですが、普通のコンピューターを大きく違う点は「電子工作」ということをして、普通のパソコンではできない、電子部品などを動かすことができるということです。「RaspberryPi」をつかって、やりたいことを実現してみましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です