Linuxコマンドリファレンス

「wget」コマンド

wgetコマンドはWeb上からファイルをダウンロードするためのコマンドです。

 

基本の文

$ wget https://example.com/examplefile.txt

説明

wgetコマンドはHTTP、HTTPS、FTP、HTTPプロキシをサポートしているWebダウンローダーです。特にオプションがなくても実行できます。実行しているユーザーがそのディレクトリへの書き込みの権限がない場合、sudoを一緒に使う必要があります。

「sudo」コマンドsudoコマンドは、別のユーザーでコマンドを実行するときに使用します。例えば、何かをインストールするときや、rootが管理しているファイ...

オプション

wgetの使いそうなオプションです。

 

 

オプション名説明
-Vwgetのバージョンを確認します。
-hwgetのヘルプを表示します。
-bバックグラウンドでダウンロードをします。
-oログ(主にエラー)を出力します。だいたい実行したディレクトリに生成されます。
-dデバッグのための情報を表示します。
-i ファイル名ファイルに保存されたURLからダウンロードします。オプションの後に半角スペースをあけ、ファイル名を記入します。

$ wget -i example

-t 数字ダウンロードが失敗した場合にリトライする回数を設定します。
-o出力をファイルに書き出します。
-Sサーバーからのレスポンスを表示します。
-T 秒数秒したらタイムアウトとしてコマンドを終了します。
–http-user=raspiWeb用のユーザーを設定します。(ユーザー名、パスワードが必要なページ用)
–http-password=passWeb用のパスワードを設定します(〃)
–ftp-user=raspiFTP用のユーザーを設定します。
–ftp-password=passFRP用のパスワードを設定します。

詳しい情報はmanをご覧ください。

$ man wget

 

RaspberryPi

「あったらいいな」というものを実現してみましょう。「RaspberryPi」なら、つくれるかもしれません。RaspberryPiは超小型コンピューターですが、普通のコンピューターを大きく違う点は「電子工作」ということをして、普通のパソコンではできない、電子部品などを動かすことができるということです。「RaspberryPi」をつかって、やりたいことを実現してみましょう。