Linuxコマンドリファレンス

「yes」コマンド

yesコマンドはその言葉の通りYesだけを返し続けるコマンドです。詳しく見ていきます。

基本の文

$ yes

このまま実行するとyだけを返し続けます。

Ctrl + Cで終了できます。

オプション

オプション名説明
–helpヘルプを出力して終了します。
–versionバージョンを出力して終了します。
[文字列]yesコマンドの後ろに文字を入力するとその文字を出力し続けます。

$ yes hoge

だとhogeを出力し続けます。

 

-yのオプションが使えないコマンドなどに便利ですね。

低評価高評価
(この記事を評価してください!)
読み込み中...
連絡

記事について何か疑問に思ったこと、うまく動かなくなっているところ、誤字脱字、感想などはコメント欄は廃止したのでTwitterのDMもしくは@blog_raspiでツイートしてください。できる限り見ると思います。(今のところ誰からも来ないから大丈夫)(誰かツイートしてーー(´;ω;`))