セットアップ

この冬にRaspberryPiを買おう!

RaspberryPiはこのサイトでたくさん扱ってきましたが現在も新しいRaspberryPiがたくさん発売されています。今回はそんないろいろRaspberryPiを紹介していきます。年末年始などの時間があるときに安価なのでぴったりです。

RaspberryPi 4 Model B

これはRaspberryPi4といいなんと今までできなかった物理メモリの選択ができます。一世代前のRaspberryPi3は物理メモリが1GBだったので一番少ないモデルでも2倍あります。

メモリの容量が2GB

2GBです。これでも5000円を保ちます。

メモリ容量が4GB

4GBのモデルです。ChromeBookと同じ容量があります。

メモリ容量が8GB

なんとRaspberryPiには8GBのモデルもあります。もはやここまでくるとデスクトップPCと同じくらいのメモリが搭載されていることになります。

RaspberryPi 400

実は、RaspberryPiとキーボードが一体化したモデルが発売されました。

 

2020/12/08 残念ながら今のところはキーボードの日本配列が発売されていませんが、そのうち追加されるかもしれません。

RaspberryPi zero W

とても小さくなっています。
この小さいボードの中にWifiとBluetooth用のハードウェアが組み込まれていて、わざわざ付けなくてもWifiとBluetoothを使用することができます。

周辺機器

マイクロSDカード

RaspberryPiは、マイクロSDカードがないと使用できません。

現在のRaspberryPiのほとんどのモデルはマイクロSDカードです。物によっては普通のSDカードの場合もあるので注意してください。

このようなものがあります。

128GBのものです。

東芝の64GBです。

32GBです。結構安いです。

16GBです。16GBを使っていますが、今のところなんの不自由もありません。安く済ませたい時はこれで十分ですね。

キーボード

キーボードも必要です。Raspberrypiの公式キーボードなどがあります。

公式キーボードはamazonではまだないみたいです。

公式ホームページから購入できます。

有名なロジクールのキーボードです。


エレコムの有線キーボードです。

 

 

※全てのキーボードで使えるか試したわけではありませんのでご了承ください。ちなみにMacのMagicKeyboardでも使えました。

 

マウス

マウスもGUIで操作する際に必要になります。

 

RaspberryPiの公式マウスです。

ロジクールの製品です。

これはワイヤレスです。

 

いかがだったでしょうか。年末年始に向けて商品が売り切れてしまうことがあるのでお早めにお買い求めください。

RaspberryPi

「あったらいいな」というものを実現してみましょう。「RaspberryPi」なら、つくれるかもしれません。RaspberryPiは超小型コンピューターですが、普通のコンピューターを大きく違う点は「電子工作」ということをして、普通のパソコンではできない、電子部品などを動かすことができるということです。「RaspberryPi」をつかって、やりたいことを実現してみましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です